廣田美乃 絵画展

―特別のすこし手前―

2022年1月19日(水)~25日(火)<最終日午後4時終了>>
阪急うめだ本店7階=美術画廊

<作家在廊日 1月19日(水)、22日(土)、23日(日)>


日常の中で体験している、いつでもどこにでも有る曖昧で不確かなものや、
はっきりしない感情や表情を、主に人物の顔を描くことで表現する廣田美乃。
時々に見られる姿や漂う雰囲気を洋画のように見せながらも、空気感に日本画のような
繊細さと細やかな心の機微を表現し、独自の現代性と伝統を同時に感じさせます。

・略歴
1987 京都市生まれ
2011 京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業
・個展
2010〜21 gallery morning kyoto
2019   西脇市岡之山美術館アトリエ
・入選・受賞
2012 ワンダーシード2012入選/トーキョーワンダーサイト渋谷
2013 2013京都美術ビエンナーレ産経新聞社賞/京都市文化博物館
2013 京展 市長賞/京都市美術館
・挿画 2012年12月〜2019年5月「浪速女を読み直す」
(石野伸子著/産経新聞・第2水曜日夕刊掲載)

「目的のある移動」 アクリル絵具、綿布、パネル 45x63x4㎝

Copyright© 2021 ARTE,INC All Rights Reserved.
ここに掲載された画像及び情報の無断転載を禁じます。●